山陽新聞デジタル|さんデジ

電子マネー購入疑い詐欺被害防ぐ セブン店員に笠岡署が感謝状

感謝状を受け取る杉本さん(右)
感謝状を受け取る杉本さん(右)
 笠岡署は、特殊詐欺被害を防いだとして、セブン―イレブン矢掛小田店(岡山県矢掛町小田)店員の杉本康恵さん(45)に感謝状を贈った。

 同署によると、杉本さんは7月22日、来店した笠岡市内在住の客から電子マネーの購入方法を尋ねられたため、理由を確認。「携帯電話会社から未払い金があるとメッセージが届き、支払いのために電子マネーが必要」などと話したことから詐欺と判断し、警察に相談するよう助言して被害を防いだ。

 同署で4日、贈呈式があり、植松浩二署長が杉本さんに感謝状を手渡した。杉本さんは「今回の経験を他の店員とも共有し、今後も被害防止に努めていきたい」と話していた。

(2022年08月10日 16時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ