山陽新聞デジタル|さんデジ

県内A型事業所 半数が運営悪化 本紙など調査 コロナ禍の影響6割

 倉敷や岡山、総社市などの就労継続支援A型事業所で2017年に経営破綻が相次ぎ、大勢の利用者が解雇さ...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2022年08月11日 05時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ