山陽新聞デジタル|さんデジ

明秀日立が3回戦進出 大阪桐蔭、聖望は2回戦へ

 鹿児島実に勝利し、駆け出す明秀学園日立ナイン=甲子園
 鹿児島実に勝利し、駆け出す明秀学園日立ナイン=甲子園
 大阪桐蔭―旭川大高 7回裏大阪桐蔭無死、伊藤が左中間に勝ち越し本塁打を放つ。捕手大渕=甲子園
 大阪桐蔭―旭川大高 7回裏大阪桐蔭無死、伊藤が左中間に勝ち越し本塁打を放つ。捕手大渕=甲子園
 能代松陽戦で2失点完投の聖望学園・岡部=甲子園
 能代松陽戦で2失点完投の聖望学園・岡部=甲子園
 全国高校野球選手権大会第5日は10日、甲子園球場で2回戦1試合と1回戦2試合が行われ、明秀学園日立(茨城)が3回戦に進出した。選抜大会優勝の大阪桐蔭と、聖望学園(埼玉)は1回戦を突破。

 初出場の明秀学園日立は鹿児島実に2―1で競り勝ち、夏初勝利を挙げた。

 大阪桐蔭は6―3で旭川大高(北北海道)を下し、春夏通算70勝目を挙げた。同点の七回に伊藤のソロ本塁打などで3点を勝ち越した。

 聖望学園は岡部が完投、打線も16安打で8点を奪い、能代松陽(秋田)に8―2で勝った。

(2022年08月10日 18時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ