山陽新聞デジタル|さんデジ

北日本で土砂災害に厳重警戒続く 青森の総雨量、300ミリ超

 大雨で増水した青森県弘前市の岩木川=10日午前5時30分
 大雨で増水した青森県弘前市の岩木川=10日午前5時30分
 増水した青森県鰺ケ沢町の中村川=9日午後
 増水した青森県鰺ケ沢町の中村川=9日午後
 停滞する前線の影響で東北を中心に特に11日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は10日、土砂災害や河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼びかけた。低地の浸水、落雷や竜巻などの激しい突風にも警戒が必要だ。

 青森県では特に記録的な大雨となっている。気象庁によると、8日の降り始めから10日までの総降水量は同県深浦町で330ミリ、弘前市280ミリ、青森市酸ケ湯で220ミリをそれぞれ超えた。

 前線は中国・華北から日本海を通って北日本に延び、今後1週間ほど停滞しそうだ。雨は13日ごろにかけて断続的に降り続き、警報級に達する可能性があるとしている。

(2022年08月10日 10時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ