山陽新聞デジタル|さんデジ

ビル30階から4キロ鉄板落下 通行人がけが、名古屋

 名古屋市中区栄4丁目で建て替え中の「中日ビル」30階の工事現場から8日、重さ約4キロの鉄板が落下し、地面に跳ね返って接触した通行人の男性が軽傷を負っていたことが9日、工事を行っている竹中工務店への取材で分かった。

 同社によると、8日午前9時ごろ、30階で鉄骨の柱をつなぎ合わせる作業で、柱同士を固定するため間に挟んでいた鉄板の不要部分を切断した際、切り取った長さ25センチ、幅11センチの板が落下した。地面で跳ね返り、男性のかかとに接触した。

 下には落下防止用ネットが張られていたが、鉄板は切断作業で高熱となっていたため、ネットを溶かして突き破ったという。

(2022年08月09日 20時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ