山陽新聞デジタル|さんデジ

ヒマワリ20万本 高原に咲く 美作に新名所、畑の中巡る迷路も

美作市にオープンした「天空のひまわり畑」
美作市にオープンした「天空のひまわり畑」
 美作市作東地域の農業者グループが初めて育てた「天空のひまわり畑」(同市竹田)が9日、オープンした。標高約330メートルの高原で約20万本が咲き誇り、畑の中を巡る迷路も整備。日差しを浴びて輝く大輪が訪れた家族連れらを楽しませている。16日まで。

 新型コロナウイルス禍に憩いの場をと考えた主要メンバーの岡本昌弘さん(63)=同市=と山口敦史さん(37)=同市=が、ウクライナの国花ヒマワリに平和への思いも込めて企画。6月上旬に耕作放棄地2・7ヘクタールに種をまき、メンバーが草刈りなどして育て上げた。

 「県北最大級」(同市観光政策課)のヒマワリ畑とあって、初日からカップルや家族連れらが訪れて記念撮影。延長約900メートルの迷路を散策するなど、高原を黄色に染めた新名所を満喫していた。

 岡本さんは「コロナ禍でも思い切り楽しめる場所。多くの人の心の癒やしになれば」と期待している。

 来場者にヒマワリを1輪贈る。入場無料だが、活動資金として中学生以上に1人200円の協力金を募っている。駐車場は80台分。問い合わせは同課(0868―72―6693)。

(2022年08月09日 20時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ