山陽新聞デジタル|さんデジ

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<四国版>」発表

2022年08月09日 11時10分 更新
いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<四国版>」発表
大東建託
大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、過去最大級の居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<四国版>」「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2022<四国版>」として集計しました。



「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<四国版>」 主なポイント



住みここちは、1位愛媛県松山市、2位徳島県名西郡石井町、3位香川県綾歌郡宇多津町。
○1位は愛媛県松山市
県中部に位置する県庁所在地で、四国地方最大の人口を擁し、現在も駅前広場や複合商業施設などの再開発が進んでいる愛媛県松山市が今年は1位となっています。
○都市部周辺の郡部の「町」が上位
徳島市に隣接する名西郡石井町、丸亀市に隣接する綾歌郡宇多津町、高松市に隣接する木田郡三木町など郡部の「町」が上位に並ぶ結果となっています。

•偏差値とは、評点の平均値が50になるように正規化し、評点の数値が平均値からどの程度隔たっているのかを示したものです。偏差値が同じ場合、小数点2位以下が異なります。
•「街の住みここちランキング2022<四国版>」は、四国の居住者を対象に、2019年~2022年の回答者数50名以上の自治体をランキング対象として集計しています。


「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2022<四国版>」 主なポイント



住みたい街1位は、3年連続で愛媛県松山市。2位東京23区、3位香川県高松市。
○1位は3年連続で愛媛県松山市
今年は全国の自治体を対象とした集計方法に変更しましたが(昨年は四国内の自治体のみを対象として集計)、1位は変わらず愛媛県松山市です。2位には、東京23区が新たにランクインしています。
○今住んでいる街肯定派は75.6%
「住みたい街が特にない」55.1%、「今住んでいる街に住み続けたい」20.5%の合計が75.6%で、昨年に引き続き、今住んでいる街を評価する結果となっています。

•「住みたい街(自治体)ランキング」は、四国居住者による全国の自治体を対象とした2022年回答を集計しました。
•住みたい街ランキングでは行政区をまとめて一つの自治体として集計しています。
•昨年は四国内の自治体を対象に集計していたため、対象外だった自治体の昨年順位は「-」となっています。


総評

■住みここち(自治体)トップは、愛媛県松山市
1位は、四国地方最大の人口を擁し、現在も複合商業施設などの再開発が進んでいる愛媛県松山市(昨年4位)です。2位は、徳島市のベッドタウンとして開発が進む徳島県名西郡石井町(昨年1位)、3位は、香川県内で最小の面積ながら、臨海部は塩田の跡地に、観光・商業施設や中・高層マンションの建設が進む綾歌郡宇多津町(昨年2位)となっています。
■住みここち(自治体)トップ10には、各県の自治体がランクイン
トップ10内では、香川県の自治体が最も多く5自治体ランクインしていますが、愛媛県3自治体、徳島県と高知県もそれぞれ1自治体ずつランクインしており、各県の自治体がまんべんなく並ぶ結果となっています。
■住みここち(自治体)トップ20の自治体のうち、12自治体が郡部の「町」
トップ20までの自治体のうち、12自治体が各県の郡部の「町」です。今年新たにトップ20入りしたのは、11位の愛媛県喜多郡内子町(昨年は回答数が50名に満たなかったため集計対象外)、16位の徳島県板野郡板野町(昨年26位)、19位の徳島県板野郡松茂町(昨年24位)です。
■住みたい街(自治体)トップは、3年連続で愛媛県松山市
今年は集計対象を四国の自治体から全国の自治体に変更しましたが、結果は変わらず3年連続で愛媛県松山市が1位です。2位は東京23区、3位は昨年2位だった香川県高松市となっています。


街の住みここち(自治体)ランキング<自治体:TOP20、因子別:TOP3~5>



TOP20外の自治体 因子別順位トピックス
●「静かさ治安」の2位は、香川県仲多度郡琴平町、3位は、徳島県三好市でした。
●「親しみやすさ」の1位は、香川県仲多度郡琴平町でした。
●「自然観光」の1位は、香川県仲多度郡琴平町、2位は、香川県小豆郡小豆島町でした。
●「防災」の1位は、高知県香美市、2位は、香川県仲多度郡琴平町、3位は、香川県仲多度郡まんのう町でした。

•昨年順位が「-」の自治体は、2021年は回答者50名未満だったため昨年順位がありません。
•順位が「-」の因子は、偏差値が50未満のため表示していません。



調査概要

◇調査方法
株式会社マクロミルの登録モニタに対してインターネット経由で調査票を配布・回収。
◇回答者
四国(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)居住の20歳以上の男女、2019年~2022年合計16,291名を対象に集計。
[男女比] 男性46.1%:女性53.9%
[未既婚] 未婚36.2%:既婚63.8% [子ども] なし 45.7%:あり 54.3%
[世代比] 20歳代14.1%、30歳代22.8%、40歳代25.7%、50歳代21.4%、60歳以上16.0%
◇調査期間
2022年3月8日(火)~3月29日(火):2022年調査(回答者数:5,531名)
2021年3月17日(水)~3月30日(火):2021年調査(回答者数:4,873名)
2020年3月17日(火)~4月3日(金):2020年調査 (回答者数:4,036名)
2019年3月26日(火)~4月8日(月):2019年調査 (回答者数:1,851名)
計16,291名
◇調査体制
調査企画・設問設計・分析:大東建託賃貸未来研究所 宗 健(所長)、調査票配布回収 : 株式会社マクロミル
◇回答方法
住みここちランキングは、現在居住している街についての「全体としての現在の地域の評価(大変満足:100点 満足:75点 どちらでもない:50点 不満:25点 大変不満:0点)」の平均値から作成。住みたい街ランキングは、入力された自治体名をもとに複数の候補を表示し選択してもらうフリーワード・サジェスト方式の回答から投票数を集計して作成。

•本リリースの一部また全部を、個人的な利用を目的とする印字・保存等、その他著作権法で認められる場合を除き、著作物等を著作権者等の事前の許諾なしに、複製、公衆送信、頒布、改変、他のウェブサイトに転載するなどの行為を禁止します。
•新聞・雑誌、テレビ・ラジオ等の報道関係者におかれましては、本リリースを掲載・報道または引用する場合には、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング&住みたい街ランキング2022<四国版>」と出所の表記をお願いします。
•本調査の対象となった自治体には、詳細データを提供可能ですので、個別にお問い合わせください。
•学術研究目的の場合、本調査個票データについて提供できる可能性がありますので個別にお問い合わせください。
•「住みここちランキング」WEBサイトでは、「住みここち」と街づくりに関する学術論文や調査データの解説記事を掲載しています。詳細につきましては、WEBサイトをご覧ください。

▼詳細はこちら
https://www.eheya.net/sumicoco/
▼プレスリリースはこちら
https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2022/sumicoco_shikoku2022.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ