山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山2日連続 熱中症警戒アラート 県南部は最高気温37度見込み

熱中症警戒アラートが2日連続で発表された岡山県=9日午前10時、岡山市北区柳町の山陽新聞社から撮影
熱中症警戒アラートが2日連続で発表された岡山県=9日午前10時、岡山市北区柳町の山陽新聞社から撮影
 気象庁などは9日、熱中症の危険度が特に高まったことを示す「熱中症警戒アラート」を岡山県に発表した。2日連続の発表で、岡山地方気象台は「暑い時間帯の外出を控え、小まめに水分補給を」と呼びかけている。

 同気象台によると、岡山県内は高気圧に覆われて晴れ、9日午前10時の気温は、岡山市中心部が32・6度、津山市が31・5度。県内15地点で30度を超えている。

 日中は県南部で37度、県北部で35度まで上昇する予報で、猛暑日(35度以上)になる見込み。

(2022年08月09日 10時59分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ