山陽新聞デジタル|さんデジ

【プロ野球×農業】徳島インディゴソックス、農産物の購入が選手への応援になる「NPB挑戦を応援プロジェクト」の2022年第3弾を徳島県阿波市と共同で開始

2022年08月08日 18時00分 更新
【プロ野球×農業】徳島インディゴソックス、農産物の購入が選手への応援になる「NPB挑戦を応援プロジェクト」の2022年第3弾を徳島県阿波市と共同で開始
徳島インディゴソックス
阿波市と徳島インディゴソックス(株式会社パブリック・ベースボールクラブ徳島、代表取締役:南 啓介)は「阿波ベジファーストプロジェクト趣旨の実現を図る協定」の一環として、「NPB挑戦を応援プロジェクト」の2022年第3弾を実施いたします。阿波市産野菜や果物を広く告知、販売するプロジェクトを共同で行い、この活動によって得た収益の一部を徳島インディゴソックスの選手活動費とさせていただきます。そのため、商品を購入していただくことが選手の応援、そして未来のNPBスター選手の輩出につながっていきます。第3弾のお申し込み期間は8月8日~8月23日まで。※お届けは9月上旬~中旬を予定。



■「NPB挑戦を応援プロジェクト」概要
「NPB挑戦を応援プロジェクト」は、阿波市と徳島インディゴソックスの「阿波ベジファーストプロジェクト趣旨の実現を図る協定」の一環として、昨年(2021年)から実施され、今年で2年目のプロジェクトになります。今年度も3回(春、夏、秋)実施します。昨年は大好評で全国の方に商品をご購入いただきました。特に昨年の第2弾は完売してしまったほど反響があり、「阿波市野菜(通称阿波ベジ)」の魅力を多くの人にお届けできました。

さらに、こちらの収益の一部は選手の活動費とさせていただきます。そのため、ファンの方をはじめとする多くの方に「阿波ベジ」を楽しんでもらうことが選手の応援、そして未来のNPBスター選手の輩出につながります。

2022年第3弾お申し込み期間は8月8日~8月23日まで。※お届けは9月上旬~中旬を予定。

プロジェクトの詳細はこちらから↓↓↓
https://note.com/tokushima_indigo/n/na78f9de5f061

■「阿波ベジ」とは
阿波市で採れたおいしい野菜(ベジタブル)の総称のこと。阿波市は、徳島県中央北部の吉野川北岸に位置し、気候は温暖で、山河に広がる美しい自然に恵まれています。また、吉野川中流に浮かぶ日本最大の川中島である善入寺島をはじめ、豊かな自然条件のもと、多様な形態で農産物が生産される県下一の農業地域です。農産物は、京阪神地域を中心とした大消費地に出荷され、新鮮で安全・安心な農産物の供給地となっています。



■選手からのコメント

武岡大聖 選手(キャプテン)
お疲れ様です!
皆さん阿波ベジを知っていますか!?
阿波ベジとは僕の地元近隣の阿波市で作っている野菜のことです!
僕は野菜が好きでいつも食べますが阿波ベジは新鮮で、すごく美味しいです!
毎日元気に野球ができているのも、幼少の頃から食べていた阿波ベジのおかげです!
皆さんもぜひ阿波ベジを食べて元気になってください!


吉村優 投手
たくさんのすだちを使った料理、美味しくいただきました!
徳島では外食する際に度々すだちが出てきます。今回いただいた料理のように、後味をさっぱりさせたり、すだち本来の味を前面に出したりと、料理によって様々な使い方をされているのが印象的です。中でも「すだちたらいうどん」は暑い夏にぴったりの味わいで、食べながら縁側と風鈴が思い浮かぶようなどこか懐かしい味がしました。
僕自身東京生まれ東京育ちで、すだちとは関わりのない人生を歩んできました。しかし、今ではすっかり普段の料理にもすだちをかけるようになり、徳島県民への仲間入りを実感しています。皆様も是非、体験してみてください。きっと虜になるはずです!

■販売する商品のご紹介
・「あきさかり(新米約3kg)」「すだち(約500g)」「豊水梨(3つ)」価格4,000円(送料込み)
・「あきさかり(新米約10kg)」「すだち(約500g)」「豊水梨(6つ)」価格7,500円(送料込み)




プロジェクトの詳細はこちらから↓↓↓
https://note.com/tokushima_indigo/n/na78f9de5f061


■阿波市農業振興課様 コメント
平成30年度に相互協定を締結し、「野球」と「野菜」を連携させた事業を展開することで、阿波市産野菜の認知度向上や健康的な食生活の推進などに加え、徳島インディゴソックス球団の新たなファン獲得などに取り組んでまいりました。今回のプロジェクトにより、本市の豊かな大地が育んだ農産物をはじめ、本市の魅力を発信するとともに、NPBへ挑戦している選手たちへの力強い応援につながればと考えています。

■徳島インディゴソックス球団代表 谷田成吾 コメント
「本年度も阿波市の魅力を発信する事業に関われる事を大変嬉しく思います。本プロジェクトが、阿波市産の農産物や阿波市の魅力を知る機会、徳島インディゴソックスを応援するきっかけとなることを願っております。今後も徳島インディゴソックス球団は阿波市様との相互協力を力に、様々なイベントを通して阿波市で採れたおいしい農産物「阿波ベジ」の魅力を知っていただき、野菜食文化を創造する取り組みを共に行ってまいります。」

■徳島インディゴソックスについて
徳島インディゴソックスは四国アイランドリーグplusに所属し、9年連続19人のNPB選手輩出実績を誇る育成力に強みがある独立リーグ球団です。「徳島から夢追う人を増やす」を球団ミッションに掲げ、野球界の発展と徳島県の地域活性化を実現するために活動しています。台湾、韓国、中国との野球を通じた文化交流を行い、徳島の魅力を様々な人が発信出来る環境整備に取り組んでいます。

球団ホームページ:https://indigo-socks.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ