山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県1人死亡2228人感染 新型コロナ、クラスター8件発生

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県で8日、新型コロナウイルスに感染していた高齢者1人の死亡と、2228人の新たな感染が発表された。1日当たりの感染者数は3日連続で3千人を下回ったが、前週の同じ曜日より661人増加した。クラスター(感染者集団)は計8件発生。県内での死者は281人、感染確認は15万8453人となった。

 死者は岡山市発表分で、年代や性別は非公表。新規感染者は岡山市839人、倉敷市546人、津山市121人、玉野市80人、総社市78人など。年代別は10歳未満が344人と最多で、30代330人、40代326人、10代321人、20代311人などと続く。3人が中等症で、他は軽症か無症状という。

 クラスターは4件が高齢者施設で、岡山市の2施設で計14人、瀬戸内、総社市の各施設で12人、7人の感染が判明。他の4件は岡山、瀬戸内市の医療機関で、計43人の感染が分かった。県内での発生は940例となった。

 7日の発表は死者4人、新規感染者2874人。2人が中等症だった。岡山、倉敷市の高齢者施設などで計5件のクラスターが発生した。

(2022年08月08日 19時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ