山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県最多3298人 高齢者5人死亡、クラスター13件

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県で5日、新型コロナウイルスに感染していた5人の死亡と、3298人の新たな感染が発表された。1日当たりの感染者数は2日連続で3千人を超え、過去最多を更新。クラスター(感染者集団)は計13件発生した。県内での死者は274人、感染確認は15万397人となった。

 死者は岡山、倉敷市の発表分が2人ずつ、県発表分が1人でいずれも高齢者。

 新規感染者は岡山市1499人、倉敷市778人、津山市171人、総社市126人、玉野市105人など。年代別は30代が534人と最多で、40代524人、10歳未満509人、20代478人、10代423人などと続く。7人が中等症で、他は軽症か無症状。

 クラスターは、11カ所が高齢者施設。岡山市内は3カ所で計25人、玉野市内は2カ所で計16人、真庭市内は2カ所で計12人、倉敷、笠岡、新見市、吉備中央町内は計4カ所で計24人の感染が判明。高梁市の障害者施設は11人、真庭市の保育施設は6人の感染が分かり、県内でのクラスター発生は910例となった。

(2022年08月05日 19時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ