山陽新聞デジタル|さんデジ

【8月5日】魅力アップ 瀬戸芸夏会期開幕 AIアナNEWS


魅力アップ 瀬戸芸夏会期開幕
 岡山、香川両県の島々を現代アートを道しるべに巡る「瀬戸内国際芸術祭2022」(瀬戸芸、香川県などでつくる実行委主催)の夏会期が5日始まった。新たに19作品が加わり、魅力を増した会場に、夏休みの家族連れや美術ファンらが繰り出した。

岡山県がBA・5対策強化宣言
 岡山県は5日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、流行「第7波」の急拡大に伴い政府が新設した「BA・5対策強化宣言」を出した。新型コロナ特措法に基づく協力要請として、重症化リスクの高い高齢者らに対する混雑した場所への外出自粛をはじめ、適切なマスク着用や少人数・短時間の会食といった対策を呼び掛ける。期間は今月末まで。

コロナ無料検査会場を設置
 新型コロナウイルスの感染者急増を受け、岡山県は5日、岡山コンベンションセンター(岡山市北区駅元町)に臨時の無料検査会場を設置した。盆期間に県外へ帰省する人をはじめ、旅行、イベント参加などで陰性結果が必要な人を対象としており、会社員や家族連れらが次々と訪れた。

(2022年08月05日 18時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ