山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山―グアム線復活に協力を 現地観光局長が伊原木知事訪問

伊原木知事(手前左)と懇談するグティエレス局長(右から2人目)
伊原木知事(手前左)と懇談するグティエレス局長(右から2人目)
 米領グアム政府観光局のカール・T・C・グティエレス局長が3日、岡山県庁に伊原木隆太知事を訪ね、2015年2月に運休した岡山―グアム線の空路復活に向けた協力を依頼した。

 グティエレス局長は、観光局幹部や現地空港関係者らと来岡。岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)とグアムを結ぶ直行便の再開を目指し、大手のほか格安航空会社(LCC)にも働きかける考えを示し「グアムにとって日本は身近な存在。一日でも早く就航させ、岡山の皆さんにぜひグアム観光を楽しんでほしい」と述べた。

 知事は新型コロナウイルスの感染収束を見据え、観光振興を進めていくとし「直行便でグアムはわずか3時間ほどの距離。路線復活のため一緒に頑張りたい」と応じた。

 一行はこの日、グアムと友好交流協定を結んでいる岡山市の大森雅夫市長とも市役所で懇談した。

(2022年08月03日 17時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ