山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市中心部 光で真夏の夜彩る 2ライトアップイベント

「西川夏あかり」で青色にライトアップされた木々
「西川夏あかり」で青色にライトアップされた木々
「オカヤマ・フーディーズ・ナイト」で、飲食ブースが並んだ石山公園近くの旭川沿い
「オカヤマ・フーディーズ・ナイト」で、飲食ブースが並んだ石山公園近くの旭川沿い
西川沿いをほんのりと照らすあんどん
西川沿いをほんのりと照らすあんどん
幻想的な雰囲気となった石山公園
幻想的な雰囲気となった石山公園
 岡山市中心部の西川緑道公園と旭川沿いで、夜間のライトアップイベントが繰り広げられている。色とりどりのLED(発光ダイオード)などの光が真夏の夜を彩り、訪れた人々を楽しませている。

 「西川夏あかり」(市主催)は、西川緑道公園のうち桃太郎大通りからあくら通りまでの約550メートル区間を会場とする。木々を青色に照らし、竹細工やあんどんといった和風の明かりを設置。音とともに花火を表現する演出もあり、夜祭りの気分を味わえる。

 ジョギング仲間と訪れた嘱託職員男性(62)=同市北区=は「きれいで走っていて元気をもらえる。和の雰囲気でいいですね」と笑顔だった。31日まで。

 石山公園(同石関町)一帯では、天の川をテーマに旭川沿いを彩る「旭川★星降る川辺の物語」(おかやま観光コンベンション協会、市主催)が11月27日まで開催中。7月下旬には飲食や音楽のイベント「オカヤマ・フーディーズ・ナイト」があり、8月5、6、13、14日の午後4時~9時にも予定されている。

 中区から孫たちと訪れた会社員(64)は「新型コロナウイルス禍ではあるが、屋外なので互いの距離を保ち、安心してゆっくりできる」と話した。

 点灯時間は「西川」「旭川」とも午後6時半~10時。「旭川」は夕暮れが早くなる9月以降、開始時間を早める。

(2022年08月02日 18時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ