山陽新聞デジタル|さんデジ

「大型サイド」コメ生産量見通し 手厚い補助金、減産進む 穀物高、麦や大豆に追い風

 2022年産の主食用米は産地での減産が進み、生産量は初の700万トン割れが濃厚となった。コメ余りで価格が下がらないよう、手厚い補助金で農家に転作を促したことが背景にある。ウクライナ危機による穀物価格...

(2022年07月28日 10時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ