山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県 プレミアム付き食事券発行 物価高騰対策 8月18日から販売

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は25日、物価高騰対策として発行するプレミアム付き食事券を8月18日から販売すると発表した。利用は来年1月31日まで。併せて県は参加する飲食店の募集を始めた。

 1冊1万2千円分の食事券を1万円(プレミアム率20%)で販売する。40万冊を用意し、県内のスーパーや百貨店、ドラッグストアといった約150店で扱う予定。販売は11月30日までだが、数量に達した時点で終了する。購入は1人につき1日2冊まで。持ち帰りや配達専門店、移動販売店、ネットカフェは対象外となる。

 事業費は総額10億5600万円。財源は国の交付金を充てる。新型コロナウイルスの感染が拡大している中、県は「感染対策に気を付けながら、利用してもらえれば」としている。

 一方、参加飲食店は県が定める新型コロナ感染対策の第三者認証を取得したり、業界団体のガイドラインに基づく対策に取り組んだりしていることが要件。募集は12月9日まで。問い合わせは事務局(086―222―0228)。

(2022年07月25日 12時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ