山陽新聞デジタル|さんデジ

井山四冠と藤井五冠が受賞 関西囲碁将棋記者クラブ賞

表彰状を手にした(左から)井山四冠、藤井五冠、桐山九段=大阪市の関西将棋会館
表彰状を手にした(左から)井山四冠、藤井五冠、桐山九段=大阪市の関西将棋会館
 関西囲碁将棋記者クラブ(山陽新聞社など20社加盟)は22日、第30回の同クラブ賞を囲碁の井山裕太四冠(33)と将棋の藤井聡太五冠(20)に贈った。井山四冠は2年連続14度目、藤井五冠は2年連続2回目の受賞となった。

 囲碁は2021年、将棋は21年度の成績を基に選考した。井山四冠は棋聖、名人、本因坊のタイトル防衛(棋聖は22年に失冠)と王座、碁聖の奪取などが評価された。藤井五冠は棋聖、王位を防衛し、竜王、叡王、王将を新たに獲得したことなどが認められた。

 大阪市の関西将棋会館で表彰式があり、両者とも出席。棋界の第一人者の2人だが、昨年の表彰式が新型コロナウイルス禍で見送りになったこともあり、顔を合わせるのは「約5年ぶり」(両者)。お互いについて井山四冠は「周囲の期待以上の結果を出している。同じプロとして刺激を受ける」、藤井五冠は「若手の台頭が著しい中、常に第一線で活躍を続けている。簡単ではないが、見習いたい」と語った。

 4月に現役を引退し、特別賞を受賞した将棋の桐山清澄九段(74)は「2人の活躍にはいつも感心する。健康に注意し、一年でも長く活躍してほしい」とエールを送った。

(2022年07月22日 20時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ