山陽新聞デジタル|さんデジ

松岡良明賞に津島知靖氏 岡山医療センター元副院長

津島知靖氏
津島知靖氏
 山陽新聞社会事業団(松田正己理事長)は、がん撲滅に功績のあった個人・団体をたたえる「松岡良明賞」の本年度受賞者を、国立病院機構岡山医療センター(岡山市北区田益)の元副院長津島知靖氏(68)に決めた。表彰式を9月9日、山陽新聞社(同柳町)で開き、表彰状と賞金100万円を贈る。

 津島氏は泌尿器科の専門医。岡山大医学部を卒業し、1979年に岡山大医学部付属病院(現岡山大病院)泌尿器科に入った。鳥取市立病院などでの勤務を経て、90年に同大医学部付属病院泌尿器科講師となり、同大医学部泌尿器科学助教授も務めた。90年代後半には腎臓がんの患部だけを取り除き、機能を温存させる「腎部分切除術」を開始。これまでに約100件を実施してきた。

 岡山医療センター副院長には2014年に就任。研修医の育成に携わり、5年間で約70人を育てた。16年には日本緩和医療学会で、泌尿器科領域の緩和ケア手法を示すガイドラインの作成を主導した。19年3月の定年退職後も、同医療センターや玉野市民病院などで外来診療、手術を続けており、地域医療に貢献している。

 松岡良明賞は山陽新聞社の元社長、故松岡良明氏の遺族から寄託された基金をもとに創設。その後、同社最高顧問の佐々木勝美氏、同相談役の越宗孝昌氏が各1千万円を寄託し、増額された。今回で27回目。

(2022年07月07日 20時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ