山陽新聞デジタル|さんデジ

英当局、米アマゾン調査 自社商品優遇の是非焦点

 【ロンドン共同】日本の公正取引委員会に相当する英国の競争・市場庁(CMA)は6日、米アマゾン・コムが手がけるインターネット通販市場について、外部出店者よりも自社の商品販売を有利にするなど競争法上の問題がないかどうかの調査を始めたと発表した。

 アマゾンは自社で商品を販売するだけでなく、アマゾン以外の出店者が商品を販売できるサービス「マーケットプレイス」を展開している。アマゾンが適切な競争を阻害していないかどうかが焦点で、CMAは出店者の販売データの扱いなどを調べる方針だ。

 アマゾンを巡っては、欧州連合(EU)も同様の調査に着手しており、協力していく。

(2022年07月07日 08時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ