山陽新聞デジタル|さんデジ

ハレプ、ルバキナが準決勝へ ウィンブルドン第10日

 女子シングルス準々決勝でプレーするシモナ・ハレプ=ウィンブルドン(共同)
 女子シングルス準々決勝でプレーするシモナ・ハレプ=ウィンブルドン(共同)
 女子シングルス準々決勝でプレーするエレーナ・ルバキナ=ウィンブルドン(共同)
 女子シングルス準々決勝でプレーするエレーナ・ルバキナ=ウィンブルドン(共同)
 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第10日は6日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、シングルス準々決勝で女子は2019年大会覇者のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が20歳のアマンダ・アニシモバ(米国)を6―2、6―4で破り、準決勝に進んだ。

 エレーナ・ルバキナ(カザフスタン)はアイラ・トムリャノビッチ(オーストラリア)に4―6、6―2、6―3で競り勝ち、四大大会初の4強入り。準決勝でハレプと対戦する。

(2022年07月06日 23時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ