山陽新聞デジタル|さんデジ

西日本豪雨4年で追悼行事 広島と岡山、「前向きに」と遺族

 西日本豪雨から4年となり、広島市安佐北区役所で行われた追悼式で献花する参列者=6日午前
 西日本豪雨から4年となり、広島市安佐北区役所で行われた追悼式で献花する参列者=6日午前
 西日本豪雨から4年となり、岡山県倉敷市真備町地区で開かれた追悼式で黙とうする参列者ら=6日午前
 西日本豪雨から4年となり、岡山県倉敷市真備町地区で開かれた追悼式で黙とうする参列者ら=6日午前
 14府県で304人が犠牲になった2018年の西日本豪雨は6日、最初の大雨特別警報が出てから4年となった。広島と岡山の被災地で追悼式が開かれ、遺族らは「前向きに生きていく」と誓った。平成最悪の水害で、ともに被害が甚大だった愛媛を含めた3県では、今なお計112人が仮設住宅などで「仮住まい」をしている。

 21年の静岡県熱海市の大規模土石流や20年の九州5県の豪雨など、例年7月には各地で災害が相次いでおり、式の参加者からは「日頃から身近にどんな危険があるかやどう行動するかを考えておくことが大切だ」との声が聞かれた。

(2022年07月06日 11時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ