山陽新聞デジタル|さんデジ

けが人が119番できず通報が遅…

 けが人が119番できず通報が遅れた、銀行のATMが使えなかった…。KDDI(au)で発生した大規模な通信障害の悪影響は暮らしのいろんな場面に及んだ▼物流や気象観測など幅広い分野に影響したのは、多様な機器の通信ネットワークがそれだけ広がっていることの表れでもある。つながる社会の弱点が露呈した▼デジタル社会における通信障害は、頭上で燃え盛る太陽が要因となることもあるそうだ。表面で起きる爆発現象「太陽フレア」である。通信障害などを引き起こし、最悪の場合は携帯電話が2週間にわたり断続的に使えなくなる―。そんな報告書を総務省が先月まとめた▼太陽フレアにより高エネルギーの粒子や電気を帯びた高温ガスなどが放出され、さまざまな被害をもたらす。1989年にカナダで600万人に影響した大停電が起き、2003年には多くの人工衛星に障害が発生した▼報告書によると、100年に1度の大規模なフレアが起きれば、電波障害で警察、消防無線が断続的に不通になる。衛星利用測位システム(GPS)の精度が落ち、航空機の運航が制限される恐れもある▼太陽活動は約11年周期で活発になっており、次のピークは25年ごろ。「デジタル機器に頼りっ放しでいいのか」。太陽フレアは、11年に1度のお天道さまのお叱りかもしれない。

(2022年07月05日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ