山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山のご当地グルメ 自販機で 岡山駅に設置、冷凍弁当や銘菓

JR岡山駅の新幹線ホームに登場した自販機
JR岡山駅の新幹線ホームに登場した自販機
 ご当地グルメの弁当や菓子を扱う自販機が、JR岡山駅にお目見えした。大型観光企画「岡山デスティネーションキャンペーン」(DC、7~9月)に合わせ、岡山ならではの味を帰宅後にも楽しんでもらおうと、JR西日本岡山支社が設置した。

 自販機は新幹線上りホームの西側に置かれ、1日から稼働した。冷凍弁当や菓子、飲料を扱う3台を並べ、計25品目を販売。土産物としての利用も呼び掛ける。

 冷凍弁当は祭りずしや津山ホルモンうどんなど5種類を用意。保冷バッグに包まれた状態で提供され、約3時間持ち運びできる。菓子は、きびだんごや大手まんぢゅうといった定番の銘菓をそろえた。

 地域の工芸品や雑貨が当たるカプセル玩具販売機(ガチャガチャ)も登場した。改札外の土産物店にあり、1回500円。

 家族のために菓子を買った会社員男性(44)=兵庫県尼崎市=は「並ばずに手早く買えるのがいい。喜ぶ顔が楽しみ」と話していた。

(2022年07月03日 10時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ