山陽新聞デジタル|さんデジ

続く炎天、涼求め コロナ「気を抜けぬ」

 東京・浅草の歩道に設置されたミストシャワー。奥は雷門=2日午後
 東京・浅草の歩道に設置されたミストシャワー。奥は雷門=2日午後
 厳しい暑さの中、多くの人でにぎわう神奈川県逗子市の逗子海水浴場=2日午前11時36分(共同通信社ヘリから)
 厳しい暑さの中、多くの人でにぎわう神奈川県逗子市の逗子海水浴場=2日午前11時36分(共同通信社ヘリから)
 海水浴客らでにぎわう和歌山県白浜町の白良浜=2日午後0時45分(共同通信社ヘリから)
 海水浴客らでにぎわう和歌山県白浜町の白良浜=2日午後0時45分(共同通信社ヘリから)
 7月に入って最初の週末の2日も列島各地は厳しい暑さが続いた。炎天下の屋外では水を霧状にしてまくミストシャワー、屋内は冷房が効いた施設が、涼を求める家族連れや若者らの人気を集めた。都市部を中心に新型コロナウイルスの感染者が増える傾向にあり、「気を抜けない」という声も上がった。

 東京都台東区の浅草寺境内。藤棚にミストシャワーが設置され、参拝客は次々と入れ替わるように霧を浴びていた。

 手相占いを目的に浅草に来たという埼玉県春日部市の男子大学生(19)は「暑すぎて汗が止まらない」と苦笑い。藤棚近くで涼みながら「アイスを食べたら元気が出た」などと語った。

(2022年07月02日 18時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ