山陽新聞デジタル|さんデジ

将棋の藤井王位、初戦は黒星 7番勝負第1局

 王位戦7番勝負の第1局で豊島将之九段(左)に敗れた藤井聡太王位=29日午後、愛知県犬山市(日本将棋連盟提供)
 王位戦7番勝負の第1局で豊島将之九段(左)に敗れた藤井聡太王位=29日午後、愛知県犬山市(日本将棋連盟提供)
 将棋の藤井聡太王位=竜王・叡王・王将・棋聖との五冠=(19)に豊島将之九段(32)が挑む第63期王位戦7番勝負の第1局は28、29の両日、愛知県犬山市で指され、121手で先手の豊島九段が先勝した。3連覇が懸かる藤井王位は、黒星でのスタートとなった。

 無冠返上を期す豊島九段は、4期ぶりの王位奪還を目指す。

 対局はプロ間で流行の角換わりの戦型に。豊島九段は想定の範囲内か、あまり時間を使わずに指し進めてリードを奪った。終盤、藤井王位も攻めたが届かず、押し切られた。敗れた藤井王位は「まとめ方が難しかった」。豊島九段は「決断良くいかないと、と思っていた」と話した。

(2022年06月29日 18時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ