山陽新聞デジタル|さんデジ

トヨタ、5月国内生産28%減 14万台、上海封鎖響く

 トヨタの国内生産・販売台数の推移
 トヨタの国内生産・販売台数の推移
 トヨタ自動車が29日発表した5月の国内生産台数は前年同月比28・5%減の14万4204台だった。3カ月連続で前年実績を下回り、減少率は1月(32・2%減)以来の大きさ。世界的な半導体不足や、新型コロナウイルス対策の中国・上海のロックダウン(都市封鎖)による部品調達難で減産を強いられた。世界生産は5・3%減の63万4940台。

 5月の軽自動車を含めた国内販売台数は20・9%減の8万6544台だった。9カ月連続で前年実績を割り込んだ。減産で需要に見合う製品供給ができなかった。世界販売は9・4%減の76万1466台。中国はコロナ禍で消費者の購入意欲が下がった。

(2022年06月29日 13時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ