山陽新聞デジタル|さんデジ

里見倉敷藤花 プロ棋士編入受験へ 将棋の女流第一人者 女性初目指す

里見香奈女流四冠
里見香奈女流四冠
 日本将棋連盟は28日、里見香奈女流四冠(30)=倉敷藤花、女流王座、女流王位、女流王将=がプロ棋士編入試験を受験すると発表した。里見女流四冠は5月27日の公式戦に勝利し、女性で初めて編入試験を受ける資格を獲得。これまで棋士は男性しかおらず、女流棋界の第一人者が女性初の棋士を目指すことになった。

 現行制度の受験者は今泉健司五段(48)=福山市出身、折田翔吾四段(32)に続いて3人目で、過去2人はいずれも合格。試験は新人の棋士5人と対戦、3勝すれば棋士となる。合格後は女流棋戦にも継続して出場ができる。

 里見女流四冠は5月27日に行われた第48期棋王戦コナミグループ杯(山陽新聞社主催、協賛社・大塚製薬)予選決勝で古森悠太五段(26)を破り、女性で初めてタイトル戦の本戦トーナメントに進出。公式戦の直近の成績を10勝4敗とし、棋士編入試験を受ける資格を得たが、受験するかどうか態度を保留していた。

 将棋のプロは棋士と女流棋士がいて制度が異なり、棋士になるには養成機関の奨励会を卒業するか、編入試験合格が条件となっている。

 里見女流四冠は島根県出雲市出身。女流タイトル獲得は最多の48期を誇る。女流棋士として活躍する一方で、奨励会最高段位の三段まで昇段したが、2018年に年齢制限のため退会した。終盤の鋭さから「出雲のイナズマ」と呼ばれる。

(2022年06月28日 11時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ