山陽新聞デジタル|さんデジ

「ボヘミアン」葛城ユキさん死去、73歳 高梁出身、岡山県PR協力も

葛城ユキさん
葛城ユキさん
 「ボヘミアン」のヒットで知られる歌手の葛城ユキ(かつらぎ・ゆき、本名田中小夜子=たなか・さよこ)さんが27日午後2時16分、原発性腹膜がんのため東京都内の病院で死去した。73歳。高梁市出身。葬儀は近親者で行う。

 1974年にメジャーデビュー。83年、ハスキーでパワフルな歌声を生かした「ボヘミアン」が大ヒットした。2003年、バラエティー番組収録中に胸椎骨折の大けがをしたが、翌年復帰。精力的にライブ活動を続けた。

 岡山の魅力発信にも努め、県のPRキャンペーンに協力。18年には西日本豪雨で被災したふるさとの復興を願い、高梁市で開かれたチャリティーライブで歌声を響かせた。

 21年4月、ステージ4の原発性腹膜がんを公表。入退院を繰り返しながら治療を続け、今年5月に復帰。6月17日の千葉県内でのコンサートが最後となった。

(2022年06月27日 22時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ