山陽新聞デジタル|さんデジ

四国一周0km(ゼロキロ)モニュメントからスタート!初夏のサイクリングガイド付きツアー

2022年06月27日 13時00分 更新
四国一周0km(ゼロキロ)モニュメントからスタート!初夏のサイクリングガイド付きツアー
愛媛県サイクリングプロジェクト事務局
はじめて四国一周サイクリング「CHALLENGE1,000km プロジェクト」に挑戦される方を対象に、ガイド付きツアー「四国一周サポートRIDE」を2022年6月4日(土)に開催しました。


このツアーは、四国一周に初めてチャレンジするサイクリストが安全により楽しく走行できるように、四国一周や地元の魅力に詳しい経験豊富なサイクリングガイドが帯同し、四国一周サイクリングのスタートをサポートする企画です。
今回の走行ルートは、愛媛県庁(愛媛県松山市)から、道の駅今治湯ノ浦温泉(愛媛県今治市)までの約54km。
8名のサイクリストたちが参加しました。
満潮の澄み切った瀬戸内ブルーと心地よい潮風を感じながらのサイクリング
初長距離ライドのためになる!サイクリングガイドによる安全講習
スタート地点の愛媛県庁では、愛媛県在住のサイクリングガイドによる安全講習を実施。参加者全員が安全にゴールできるよう、走行中の注意点、手信号(ハンドサイン)などをレクチャーしていただきました。



四国一周0km(ゼロキロ)モニュメントで記念撮影し、スタート!
愛媛県庁に2022年3月に完成した、四国一周サイクリングのスタート起点「四国一周0kmモニュメント」から、ガイドと一緒に出発。途中、道の駅などで2回の補給タイム、地元今治産の美味しさが揃う直売所「さいさいきて屋」で昼食を楽しみながら、ゴール地点の「道の駅今治湯ノ浦温泉」を目指しました。


この日は天候に恵まれ、青空の下で初夏の瀬戸内海の風を感じながらのサイクリングとなりました。

サイクリストで賑わうスタンプポイント「道の駅 風早の郷(かざはやのさと)風和里(ふわり)」




愛媛県特産のかんきつや銘菓を味わいながら、水分補給も忘れず小休憩。みかんジュースやゼリーは参加者からも好評でした。



四国一周の見どころを教わったり、走行ルートについて相談するなど、ガイドの方とも和気あいあいとした雰囲気。


新緑美しいエイドステーション「星の浦海浜公園」(愛媛県今治市)
造船所を望むフォトスポットで、ガイドとともに参加者全員で記念撮影
ゴール地点の「道の駅今治湯ノ浦温泉」に到着
愛媛県庁を出発して約5時間後、ゴール地点に到着。
参加者からは「今後のペース配分の参考になりました」「四国一周をしたくて自転車を買ったものの、なかなかスタートできなかったので、今回無事スタートがきれて本当に良かったです」「愛媛県人でも十分楽しめ、四国一周のスタートを切るにふさわしいコースだと思いました」「ガイドの方のサポートがしっかりしていたので不安もなく最後まで楽しく走れました」などの感想が挙がりました。

※感染症対策を行った上で、ガイドツアーを実施しています。

【四国一周サイクリングとは】
四国では美しい自然景観や食文化、遍路で育まれたおもてなしの文化など、サイクリングに適した地域資源を活かして、サイクリストを中心に国内外から誘客を図り、交流人口の拡大や地域活性化に取り組んでいます。その一環として、プロサイクリスト監修のもと約1,000kmの一周ルートを設定し、2017年11月から事前エントリー制の「四国一周サイクリング CHALLENGE 1,000kmプロジェクト」を開始。2022年5月現在3,765名がエントリー(うち1,470名が完走)して、四国でのサイクリングを楽しんでいただいています。


●四国一周サイクリング公式ホームページ
https://cycling-island-shikoku.com/

●CHALLENGE 1,000kmプロジェクト
https://cycling-island-shikoku.com/challenge_1000.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ