山陽新聞デジタル|さんデジ

広島県呉市,ビュー・ポートくれの利活用について,民間事業者のアイデアやノウハウを大募集!

2022年06月27日 08時56分 更新
広島県呉市,ビュー・ポートくれの利活用について,民間事業者のアイデアやノウハウを大募集!
広島県
広島県呉市では,市中心部に立地している「ビュー・ポートくれ」について,建物が築後25年以上経過し老朽化する中,今後の維持管理コスト等を見据えた上で,ビュー・ポートくれをより利用しやすく,より効果的な運営ができるよう,民間事業者との現地見学,対話を通した市場調査を実施します。令和4年6月27日(月)から申し込み受付を開始します。


1 背景・調査の目的
ビュー・ポートくれ(以下「ビュー・ポート」という。)は,一般財団法人呉海員会館(以下「海員会館」という。)が経営する「ビュー・ポートくれホテル」と,呉市が所有する「呉市きんろうプラザ」(以下「プラザ」という。)との複合建物で,平成8年4月の開館以来,多くの市民等に利用されており,海員会館が(プラザについては指定管理者として)管理運営をしています。

建物が築後25年以上経過し老朽化する中で,今後の維持管理コスト等を見据えた上で,ビュー・ポートをより利用しやすく,より効果的な運営ができるよう,海員会館と呉市で様々な可能性について検討したいと考えています。以上のことから,本市場調査は,民間事業者等の皆様からビュー・ポートの活用策について提案いただいた内容をもとに,意見交換等「対話」を実施するものです。

2 実施スケジュール


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ