山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市中心部で32.7度 県内10地点で真夏日

岡山市街地は太陽が照りつけ、日傘を差す人が行き交った=26日午後3時50分、同市北区柳町
岡山市街地は太陽が照りつけ、日傘を差す人が行き交った=26日午後3時50分、同市北区柳町
 26日の岡山県内は太平洋高気圧に覆われ、岡山市中心部で最高気温が32・7度(平年28・6度)を記録するなど全16観測地点のうち10地点で真夏日(30度以上)となった。

 その他の地点の最高気温は、玉野市32・6度(27・2度)▽倉敷市31・4度(28・1度)▽高梁市31・2度(28・6度)▽津山市30・4度(27・7度)―など。全地点で平年より5・4~1・0度高かった。7月上旬から下旬並みの暑さで、玉野市は夏の最も暑い時期を上回る水準だった。

 県内の各消防によると、この日夕方までに、高梁市で屋外でゲートボールをしていた60代男性ら計4人が熱中症とみられる症状で救急搬送された。いずれも軽症見込み。

 岡山地方気象台は「高気圧が張り出し、しばらくは最高気温が35度近い日が続くだろう。小まめな水分補給、適切な冷房の使用など熱中症対策を心掛けてほしい」としている。

(2022年06月26日 19時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ