山陽新聞デジタル|さんデジ

団体は大原小、個人は春名君が優勝 岡山で交通安全子供自転車県大会

大会で実技テストに臨む児童
大会で実技テストに臨む児童
 小学生が正しい自転車の乗り方や知識を競う「第55回交通安全子供自転車岡山県大会」(県交通安全協会、県警主催)が25日、岡山市北区御津中山の県運転免許センターで開かれ、団体は美作市立大原小、個人は同小6年春名湊斗君が優勝した。

 新型コロナウイルス禍で3年ぶりの開催。県内18校から4人一組の1チームずつが出場し、交通規則に関する筆記試験の後、実技テストに臨み、横断歩道や駐車車両のあるコースを安全確認しながら実際に走った。

 他の上位は次の通り。(敬称略、数字は学年)

 【団体】準優勝 浦安(岡山市)▽3位 小田(矢掛町)▽優秀賞 吉田(笠岡市)倉敷東(倉敷市)

 【個人】準優勝 高崎陽向(浦安6)▽3位 伊部真叶(同)▽優秀賞 井本銀(美作市・大原6)平尾翔夢(同)西山芽生(小田6)藤枝葵(同)石田希光(吉田5)松原もか(同6)近藤朱莉亜(岡山市・江西6)

(2022年06月26日 12時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ