山陽新聞デジタル|さんデジ

中学の女性トイレ侵入 消防士逮捕 容疑で倉敷署、盗撮目的でカメラ

倉敷署
倉敷署
 倉敷市の中学校の女性用トイレに侵入したとして、倉敷署は23日夜、建造物侵入の疑いで、水島消防署(同市水島北幸町)の消防士の男(22)=同市=を現行犯逮捕した。

 倉敷署によると、「仕掛けた盗撮用の小型カメラを回収するため侵入した」と容疑を認めている。学校が同日午前、「カメラが仕掛けられている」と通報。警戒中の署員がトイレに入る容疑者を発見した。

 逮捕容疑は同日午後9時40分ごろ、同市立中学校の屋外トイレに侵入した疑い。

 カメラは高さ約5センチ、幅と奥行き約3センチで、動きを感知すると動画を撮影するという。個室ごとにある洗面台の下に設置されていたとみられ、署員が確認した際は床に落ちていた。同署は県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いでも調べる。

 倉敷市消防局によると、容疑者は2019年4月に採用され、同年から水島消防署に勤務していた。梶隆幸消防局長は「誠に遺憾。事実関係を把握した上で厳正に対処したい」とのコメントを発表した。

(2022年06月24日 12時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ