山陽新聞デジタル|さんデジ

FRB議長がドル高容認 インフレ緩和に効果

 FRBのパウエル議長(ゲッティ=共同)
 FRBのパウエル議長(ゲッティ=共同)
 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、米国の利上げを背景とした外国為替市場でのドル高にインフレを緩和する効果があるとの見方を示した。輸入価格の抑制につながるため、ドル高を容認した形だ。米議会下院の公聴会で証言した。

 FRBは記録的な物価上昇率を抑えるため、今月15日に27年7カ月ぶりとなる政策金利の0・75%の引き上げを決定。7月も大幅な利上げを続ける方針を示している。一方、日銀は金融緩和を維持する構えで、日米の金利差拡大によって円安が加速。輸入価格上昇による日本経済への悪影響が懸念されている。

(2022年06月24日 09時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ