山陽新聞デジタル|さんデジ

広島「平和記念公園」クリーニングプロジェクトを完了

2022年06月23日 14時01分 更新
広島「平和記念公園」クリーニングプロジェクトを完了
ケルヒャー ジャパン株式会社

 清掃機器の最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人、ケルヒャー ジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市港北区、代表取締役社長:マーク・ヴァン・インゲルゲム)は、2022年6月22日(水)に「平和記念公園」内にある「平和の池」、「祈りの泉」にてクリーニングプロジェクトを実施しました。


 当社は、重要な歴史を後世に伝えていけるよう清掃を通して、建物の美化に貢献し歴史建造物の保全・保存を行うプロジェクトを推進しております。

 今回、広島市と、ケルヒャーがクラブスポンサー契約をさせていただいているプロサッカークラブサンフレッチェ広島のご協力のもと、原子爆弾が投下された爆心地周辺に建てられ、世界恒久平和の思いを伝え続けている「平和記念公園」内にある「平和の池」、「祈りの泉」へのクリーニング活動を実施いたしました。



 当日は作業スタッフ全員で黙とうした後、早朝7時から作業を開始し、「平和記念公園」内の平和の池と祈りの泉の台座や縁などを約5時間掛けて洗浄。今回は、サンフレッチェ広島のアンバサダーである森崎浩司氏とクラブマスコットのサンチェくんも清掃に駆けつけてくれました。ケルヒャーの清掃スタッフと業務用温水高圧洗浄機を使用して、長い年月を経て固まった壁面の汚れを取り除きました。平和の池の底面の洗浄は冷水高圧洗浄機を使用し、さらに祈りの泉の台座は高圧洗浄を行い、最後は全体をすすぎ洗浄及び最終確認で作業完了しました。

 洗浄剤・化学薬品等は一切使用せず、祈りの泉の水を吸い出して清掃に使用するなど、環境と 歴史的建造物の洗浄に細心の注意を払いながら、「平和記念公園」内にある「平和の池」、「祈りの泉」を清掃いたしました。


■洗浄時使用製品
【平和の池清掃】
平和の池の清浄には、業務用高圧洗浄機『HDS 10/19 M』、コードレス冷水高圧洗浄機『HD 4/11 C Bp』、乾湿両用掃除機 『NT 30/1 Ap』を使用。池の底面や池の縁、平和の灯の台座等の広範囲に渡る汚れを高圧洗浄機で除去。


【祈りの泉清掃】
祈りの泉の清浄には業務用温水エンジンタイプ高圧洗浄機『HDS 1000 BE』 、高圧洗浄機『HD 10/22 S』、バキュームスイーパー『KM 75/40 W Bp』、コードレス冷水高圧洗浄機『HD 4/11 C Bp』、乾湿両用掃除機『NT 30/1 Ap』を使用。祈りの泉の水を吸い出して使用し、噴水周りの壁面や噴水前の通路の汚れを高圧洗浄で素早く除去。




【広島市 緑化推進部 部長 湯崎俊彦 コメント】



この度は、クリーニングプロジェクトとして、平和記念公園の平和の池、祈りの泉を清掃いただいたことに深く感謝申し上げます。

今回のプロジェクトを通じて、国内外の多くの皆さんに改めて広島「平和記念公園」に関心を持っていただくとともに、様々な分野から、平和について考え、行動するきっかけになればと思います。


【株式会社サンフレッチェ広島 代表取締役社長  仙田信吾 コメント】



ケルヒャー ジャパン様は、平和都市広島をホームタウンとし、 平和への発信を続けているサンフレッチェ広島の活動をご評価いただき、パートナー企業になって頂いています。この度、平和記念公園の清掃活動でご相談を受け、お手伝いを致しました。

丹下健三さんの設計した「平和の軸線」上には、丹下さんご自身が復興の象徴として想定した新スタジアム建設が進んでいます。 祈りの場が美しくなり、私たちも誇らしく思います。

【ケルヒャ― ジャパン 代表取締役社長 マーク・ヴァン・インゲルゲム コメント】



ケルヒャーがこれまで培ってきた清掃技術やノウハウを活かし、無事に洗浄できたことに大きな感動と誇りを感じております。

これも広島市緑化推進部の皆様、サンフレッチェ広島の皆様を始め、関係各所の皆様のご支援・ご協力の賜物です。深く御礼申し上げます。

今回のクリーニングプロジェクトを通じて、広島市民の平和への 願いを広く伝える活動にお役に少しでも立てれば光栄です。

【ケルヒャ―のクリーニングプロジェクトについて】
1980年にスタートした、世界的建造物の再生・洗浄作業を行う「クリーニングプロジェクト」。 ケルヒャー グループでは、これまでニューヨークの「自由の女神」、リオデジャネイロの「キリスト像」、広島の「原爆の子の像」、東京の名橋「日本橋」等、世界各国にある歴史的建造物や彫像の洗浄・再生を手掛けてきました。社会貢献に大きく寄与することにより信用の高さを実証しています。ケルヒャーグループは今後も日本の皆さんの豊かな暮らしを支える一助となれるような、新たな清掃文化を提供して参ります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ