山陽新聞デジタル|さんデジ

『H×H』作者・冨樫氏、線だらけの原稿公開で反響「なんだこれ!」「何を描いてるかわからない」

『H×H』作者が新たな原稿を投稿
『H×H』作者が新たな原稿を投稿
 人気漫画『HUNTER×HUNTER』(『H×H』)の作者・冨樫義博が23日、自身のツイッターを更新し、新たな原稿を公開した。

【写真】羽?木?謎の絵 冨樫先生が公開した「H×H」の新たな原稿

 5月24日の開設以降、毎日、一部に数字が書かれた原稿を公開している冨樫氏。この日は、「6」が描かれた原稿を公開した。

 原稿は多くの線画が描かれており、ファンは「何を描いてるかわからない原稿の数字を写して毎回必ずバズってるのは、世界でも冨樫先生だけなのでは」「冨樫先生のツイートが日課になりました!」「先生がいないと生きていけない日々」「なんだこれ!」「毎日お疲れ様です…」などと反応している。

 『HUNTER×HUNTER』は、1998年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートし、主人公の少年ゴンが、父と同じハンターとなり、父を探すため、親友のキルアら仲間たちと旅に出る冒険ファンタジー。現在は2018年11月より長期休載中だが、最後に『ジャンプ』に掲載された際、「次の10週分ネームは出来ているので体調や状況と相談しつつ原稿進めて行きます。」とコメントを寄せていた。

【試読】「HUNTER×HUNTER カラー版」の電子書籍
【写真】誰のセリフ?謎の5の文字も 吹き出し描かれた『H×H』の新たな原稿
【写真】国宝級!スラダン、キャプ翼、幽白キャラが描かれた冨樫氏のサイン色紙
【写真】冨樫先生の手がチラリ!クラピカを描いたイラスト
【写真】これはブリオン?『H×H』冨樫先生が投稿した新たな原稿

(2022年06月23日 18時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ