山陽新聞デジタル|さんデジ

オミクロン株 二つの派生型初確認 岡山県 BA・4は検疫除き全国初

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は22日、新型コロナウイルス感染を公表済みの1人がオミクロン株の派生型「BA・4」に、別の1人が「BA・5」に感染していたと発表した。いずれの型も県内では初確認で、BA・4については検疫を除くと全国1例目になるという。

 県によると、2人とも海外滞在歴があり、BA・4の感染者は同型の感染が確認されている地域から帰国した。県は「今のところ市中感染としては考えていない」としている。

 いずれも今月中旬に感染が分かり、県環境保健センター(岡山市)でのゲノム解析で22日に派生型と判明した。軽症で、年代や性別、居住地は非公表。それぞれ濃厚接触者がいるが、陽性反応や症状は出ていない。

 BA・4とBA・5は南アフリカを中心に感染が広がっている。感染力や重症度について県新型コロナ対策室は、国立感染症研究所の報告として「現時点では国内で置き換わりが進むBA・2と大きな差はない」と説明。「変異株であっても従来と同様、マスク着用や手洗いなどの基本的な感染防止対策の徹底をお願いしたい」としている。

(2022年06月22日 18時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ