山陽新聞デジタル|さんデジ

元小結松鳳山38歳が現役引退 関取最年長、三賞4度

 松鳳山
 松鳳山
 日本相撲協会は22日、元小結で関取最年長の十両松鳳山(38)=本名松谷裕也、福岡県出身、放駒部屋=の現役引退を発表した。5月の夏場所は東12枚目で3勝12敗に終わり、幕下転落が確実な情勢だった。協会には残らず、28日に記者会見を開く予定。

 駒大から荒磯親方(元大関若嶋津)が師匠の松ケ根部屋に入門し、2006年春場所で初土俵。突き、押し中心の激しい取り口が魅力で、10年夏場所で新十両、11年九州場所で新入幕を果たし、13年初場所で新小結に昇進。三役を5場所務め、幕内在位51場所で殊勲賞1回、敢闘賞3回。金星を5個獲得した。通算成績は582勝605敗22休。

(2022年06月22日 18時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ