山陽新聞デジタル|さんデジ

広島県副知事に玉井氏 女性起用初 6月末退任の山田氏後任に

玉井優子氏
玉井優子氏
 広島県は21日、6月末で退任する山田仁副知事(52)の後任に、経済産業省通商機構部参事官の玉井優子氏(46)を充てる人事案を6月定例県議会に提案し、同意された。同県の女性副知事の起用は初めて。任期は7月1日から4年間。

 玉井氏は1999年に旧通産省に入り、通商政策課長補佐、産業機械課長などを歴任し、2021年7月から現職。広島市出身。東京大教養学部卒。

 山田氏は初の経産省出身の副知事として19年7月に就任。任期を約1年残して同省に帰任する。広島県の副知事は2人体制。もう1人は元県幹部の田辺昌彦氏が務めている。

(2022年06月21日 18時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ