山陽新聞デジタル|さんデジ

【6月20日】ブッポウソウの飛来シーズン AIアナNEWS


ブッポウソウの飛来シーズン
 岡山県吉備中央町の「町の鳥」に定められている希少な渡り鳥ブッポウソウの飛来シーズンを迎えた。新型コロナウイルスの影響で2020、21年と閉鎖されていた町内の観察小屋が3年ぶりにオープン。県内外の野鳥愛好家らが訪れ、“森の宝石”とも呼ばれる気高い美しさを堪能している。

ハンセン病問題啓発パネル展
 国の「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」(22日)に合わせ、岡山県は20日、瀬戸内市・長島の国立ハンセン病療養所・邑久光明園と長島愛生園で行われた人権侵害の実態などを解説した啓発パネル展を県庁1階県民室で始めた。7月1日まで。

コンテナをホテル客室に改装
 不動産開発のマリモホールディングス(HD、広島市西区)は、宿泊施設「ブルークワッドホテル倉敷玉島」を倉敷市玉島乙島に新設し、ホテル運営事業に参入した。コンテナを客室に改装したホテルで、水島コンビナートの企業などの長期出張者らの利用を見込んでいる。

(2022年06月20日 19時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ