山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ3連勝で4位キープ ホームで琉球に1―0

後半ロスタイム、ファジアーノ岡山の宮崎幾笑が決勝点を決める=シティライトスタジアム
後半ロスタイム、ファジアーノ岡山の宮崎幾笑が決勝点を決める=シティライトスタジアム
 明治安田J2第22節第1日(18日・シティライトスタジアムほか=9試合)前節4位のファジアーノ岡山はホームで琉球に1―0で競り勝ち、今季2度目の3連勝を飾った。勝ち点35(9勝8分け4敗)に伸ばし、順位は4位をキープした。

 横浜FCが仙台との上位対決に3―2で競り勝ち、勝ち点43として暫定首位に立った。仙台は3試合勝利がなく、同40のまま。

岡山1―0琉球
前半0―0
後半1―0

岡山 9勝8分け 4敗(35)
琉球 3勝6分け13敗(15)

 【評】ファジアーノ岡山は宮崎幾のロスタイム弾で連勝を3に伸ばした。決勝点を呼び込んだ佐野の右クロスをはじめ終盤、サイドから厚みのあるアタックを仕掛け続けたことが最後に実った。守っては相手のパス回しに手を焼く時間が続いたが、GK堀田を中心に集中を切らさず、2戦連続無失点。得意のCKを9本得ながらネットを揺らせなかったのは修正点。

 琉球はボールこそ保持したが、詰めが甘かった。

(2022年06月18日 21時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ