山陽新聞デジタル|さんデジ

トランスジェンダー学生受け入れ 清心女子大方針、23年4月から

ノートルダム清心女子大学
ノートルダム清心女子大学
 ノートルダム清心女子大(岡山市北区伊福町)が、戸籍上は男性だが自分の性別を女性と認識しているトランスジェンダーの学生を来年4月から受け入れる方針を決めたことが15日、分かった。中四国地方の女子大4校では初めて。

 各地の女子大で受け入れの動きが広がっていることを受け、学長、副学長、学部長らでつくる会議で決めた。本保恭子副学長は「多様な人々が共生する社会の実現に向け、教育機関として『自分らしさ』を尊重できる学びの機会を提供したい」と説明する。

 学部、大学院ともに対象。診断書の提出は求めないものの、希望者は入試出願時期の1カ月前までに性自認の状況などを記した書類を添えて申請する。大学が審査の上、受験を認める。

 同大は、入学者選抜要項に受け入れ決定を明記。教職員向けの研修会を開くなど準備を進めている。入学後は通称の使用を認める。新たな施設の整備は行わず、多目的トイレの使用を求めるなど既存設備の活用で対応する。

 トランスジェンダーの学生受け入れは、お茶の水女子大(東京)奈良女子大(奈良市)などが実施している。

(2022年06月16日 00時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ