山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ 新フットサルコートが開業 岡山市北区 スクールや貸し出しも

真新しいフットサルコートで遊ぶ園児たち
真新しいフットサルコートで遊ぶ園児たち
 サッカーJ2ファジアーノ岡山を運営するファジアーノ岡山スポーツクラブ(岡山市東区升田)が整備していたフットサルコート(同市北区日吉町)が30日、オープンした。同クラブのサッカースクールに使うほか、有料での貸し出しも行う。

 JR西日本岡山支社が所有する、山陽新幹線高架近くの遊休地(約3150平方メートル)を借り受けて整備した。メイン(縦38メートル、横20メートル)とサブ(縦30メートル、横15メートル)の2面あり、いずれも人工芝のコート。照明設備やクラブハウスも備えている。

 披露式が同コートであり、同クラブの北川真也社長が「地域の方々がサッカーの楽しさを味わえる場所にしたい」とあいさつした。

 式典後、近くの宝島保育園(同北長瀬本町)の園児約50人が、真新しいコートで遊んだ。年長組の男児(6)は「芝生がふかふかで気持ちいい。ボール遊びにまた来たい」と話していた。

 コートの利用時間は平日が午前11時~午後10時、土日祝日が午前10時~午後10時。料金は1時間当たり1面3150~1万3200円。

(2022年05月30日 20時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ