山陽新聞デジタル|さんデジ

「麦秋」黄金色の麦 収穫進む 岡山・児島湾干拓地、作業本格化

「麦秋」を迎えた児島湾干拓地の二条大麦畑=南区藤田
「麦秋」を迎えた児島湾干拓地の二条大麦畑=南区藤田
 岡山市南部の児島湾干拓地で、ビールや麦茶の原料になる二条大麦が黄金色に実り、収穫期「麦秋」を迎えた。

 岡山県の2021年度の二条大麦収穫量は全国4位の8880トン。岡山市は1500ヘクタールで栽培される有数の産地で、県内収穫量の7割以上を占める。

 藤田、灘崎地区など計75ヘクタールで二条大麦やもち麦を栽培する国定農産(南区藤田)では収穫作業が本格化しており、こうべを垂らした高さ1メートルほどの麦をコンバインで刈り取っている。作業は6月初旬まで続くという。

 社長の国定豪さん(65)は「平年より多く収穫できそう。4月に適度な雨が降り、きれいに穂が実った」と話した。

(2022年05月30日 17時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ