山陽新聞デジタル|さんデジ

気温ぐんぐん 県内で今年最高更新 岡山市中心部は初の真夏日

強い日差しの中、噴水でひとときの涼を求める親子連れら=29日午後1時半、JR岡山駅前
強い日差しの中、噴水でひとときの涼を求める親子連れら=29日午後1時半、JR岡山駅前
強い日差しの中、日傘を差す女性ら=29日午後1時35分、JR岡山駅周辺
強い日差しの中、日傘を差す女性ら=29日午後1時35分、JR岡山駅周辺
 岡山県内は29日、高気圧に覆われてよく晴れ、強い日差しで気温がぐんぐん上昇した。県内の16観測地点の全てで最高気温が今年の最高を更新。岡山市中心部では32・3度(平年26・3度)に達し、真夏日(30度以上)を今年初めて記録した。

 JR岡山駅周辺では、日傘を差して歩く人たちや、広場の噴水に手を伸ばして涼を楽しむ姿が見られた。

 最高気温は高梁市32・8度(同26・4度)▽倉敷市32・5度(同25・9度)▽津山市32・1度(同25・5度)―など。平年を8・2~4・5度上回り、7月並みの水準となった。

 県内の各消防によると、この日夕方までに、自宅にいた岡山市の50代女性や、畑で農作業中だった新見市の90代男性ら計6人が熱中症とみられる症状で救急搬送された。

 岡山地方気象台は「30日以降は雲が広がる日が多いが、気温が高くなることもありそう」と予報。熱中症への警戒を呼び掛けている。 

(2022年05月29日 20時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ