山陽新聞デジタル|さんデジ

越後国主に家康「心得た」 書状発見、会津征伐準備か

 富山県で見つかった、徳川家康が越後国主の堀秀治に送ったとみられる書状(高岡市立博物館提供)
 富山県で見つかった、徳川家康が越後国主の堀秀治に送ったとみられる書状(高岡市立博物館提供)
 徳川家康が1600年5月に越後国主の堀秀治に送ったとみられる書状が、富山県で見つかった。「そちらの報告は心得た」とあり、関ケ原の戦いにつながった陸奥会津領主上杉景勝征伐(会津征伐)に向け、家康が情報を集めていた様子がうかがえる。家康と秀治のやりとりとしては最も古い資料だといい、駿河台大(埼玉県)の黒田基樹教授(歴史学)は「家康の作戦や時系列を知る手掛かりになる」と話す。

 宛先の秀治は、有力な豊臣大名の一人。書状には「そちらの様子を詳細に報告いただいた。内容は心得た。詳しいことは西尾隠岐守が述べるので、詳しくは述べない」と書かれていた。

(2022年05月29日 19時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ