山陽新聞デジタル|さんデジ

5月の東京物価指数1・9%上昇 ロシアの侵攻、原油高続く

 総務省が27日発表した5月の東京都区部の消費者物価指数(中旬速報値、生鮮食品を除く、2020年=100)は、前年同月比1・9%上昇の101・5だった。上げ幅は約7年ぶりの大きさとなった前月と同じだった。ロシアのウクライナ侵攻を背景に原油や原材料価格の上昇が続いており、5月はエネルギー価格が22・3%の大幅な上昇だった。指数が前年実績を上回ったのは9カ月連続。

 円安によって輸入価格が押し上げられたことも影響した。東京都区部の指数は全国の指数の先行指標として注目される。日銀は消費者物価の上昇率の目標2%を掲げている。

(2022年05月27日 10時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ