山陽新聞デジタル|さんデジ

NY株5日続伸516ドル高 米景気悪化懸念が後退

 【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日続伸し、前日比516・91ドル高の3万2637・19ドルで取引を終えた。米景気悪化への過度な懸念が後退し、買い注文が膨らんだ。

 業績予想を上方修正した百貨店のメーシーズやディスカウント店のダラー・ツリーが急上昇し、米経済の柱である個人消費は堅調との見方が広がった。米連邦準備制度理事会(FRB)が前日公表した連邦公開市場委員会(FOMC)議事録に、金融引き締めに積極的なタカ派姿勢を強める内容が含まれていなかったことも、引き続き投資家心理を支えた。

(2022年05月27日 05時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ