山陽新聞デジタル|さんデジ

北朝鮮、核起爆装置をテスト 実験準備「最終段階」と韓国

 【ソウル共同】韓国大統領府の金泰孝・国家安保室第1次長は25日、北朝鮮が核実験準備の一環として起爆装置の作動試験を繰り返し行っていることが探知されたと発表し、7回目の核実験に向けて「最終準備段階に入っている」と分析した。北朝鮮は同日、弾道ミサイル3発を発射。このうちの1発について、金泰孝氏は新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」と判断したと述べた。

 今年に入り、ICBM発射は少なくとも5回目。弾道ミサイル発射も15回目で、年間15回で過去最多だった2016年に早くも並んだ。核・ミサイル開発に歯止めがかからない状況だ。

(2022年05月25日 21時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ