山陽新聞デジタル|さんデジ

【リーガロイヤルホテル広島】“美味しさの先にある世界を届けたい” 物語を紡ぐように、料理を作る新シェフ。『シェフ 春田 義彦 就任記念メニュー』を販売

2022年05月23日 14時00分 更新
【リーガロイヤルホテル広島】“美味しさの先にある世界を届けたい” 物語を紡ぐように、料理を作る新シェフ。『シェフ 春田 義彦 就任記念メニュー』を販売
ロイヤルホテル
リーガロイヤルホテル広島(広島市中区基町/総支配人 室 敏幸)の33階「レストラン シャンボール」では、 がシェフに就任にしたことを記念して2022年6月1日(水)から7月24日(日)の期間限定で特別ディナーコースを提供いたします。



2022年4月1日付で当ホテルの「レストラン シャンボール」シェフに就任した春田は、1999年にリーガロイヤルホテル(大阪)に入社。宴会部門・レストランで研鑽を積み、32歳の若さでリーガロイヤルホテルグループ最上級フレンチレストラン リーガロイヤルホテル(大阪)「レストラン シャンボール」のスーシェフを務めました。また、本場フランスでの料理研修や、2013年には食博覧会・大阪で「外務大臣賞」、35歳未満の優秀な技能者を表彰する「なにわの名工若葉賞」を受賞するなど、若き実力派シェフの一人です。この度、春田が創り上げたのは前菜からデザートまで旬や広島県産など、こだわりの素材を選び抜いた独創性を感じるコース。素材をベストの状態で提供するため、“こだわりは火入れ”と豪語する春田らしく、食材本来の持ち味を巧みに活かし、口に入れた瞬間、感動や驚きを感じてもらいたいという想いを詰め込んだ内容です。
彩り鮮やかで目を惹く前菜「オマール海老と根セロリのドーム ビーツのデグリネゾン」は、プリプリとした食感と濃厚な旨味が詰まったオマール海老に、さまざまな調理方法を施したビーツを飾り、一口ごとに異なる食感や味わいに出合える一皿。また、「赤ワインで煮込んだ蝦夷鮑とクレソンのクーリ 海藻風味の祇園パセリを纏わせて」では、日本料理の技法を参考に、鮑をフランス料理の一皿に昇華。圧力鍋で1時間煮込み、さらに鍋に移して10分間炊き、その後寝かして翌日再度火を入れることで味を染みこませ、鮑の旨みを引き立たせます。さらに、鮑が採れる海岸に青々と茂るオカヒジキをイメージした盛り付けで、食材のストーリーを表現しました。そして、メインのひとつである「七谷鴨(合鴨)胸肉のロティと凝縮した姫人参」は、シンプルながら春田の技が光る一品。脂身が甘くジューシーな七谷鴨を引き立たせる香りの良いトリュフソースに、副菜には風味と食感を楽しんでいただけるように工夫を凝らした姫人参と旬のアーティチョークをご用意します。

今回の特別メニューを皮切りに、春田は同店をはじめ、「スカイダイニング リーガトップ(33階)」のメニューや当ホテルのレストラン婚礼メニューを発信して参ります。創意工夫を凝らしたコースをぜひご賞味ください。
シェフ 春田 義彦 就任記念メニュー(イメージ)



『シェフ 春田 義彦 就任記念メニュー』詳細

【場所】
33階 レストラン シャンボール
【期間】
2022年6月1日 (水)~2022年7月24日(日)
【営業時間】
17:30~21:00(ラストオーダー 20:00) ※前日までの予約制 ※平日は4名様より承ります。
【料金】
19,400円~
【内容】


広島県産虹鱒の燻製 安芸津ポテトのチュロス 広島県産豚のケークサレ
オマール海老と根セロリのドーム ビーツのデグリネゾン 濃厚なクレーム・ド・オマール
炙った穴子とズッキーニのピストゥ ジロール茸と新生姜の香りに海のスープのエキューム
赤ワインで煮込んだ蝦夷鮑とクレソンのクーリ 海藻風味の祇園パセリを纏わせて
ふっくらと火入れしたアコウにキャビアを添えて 軽い広島レモンのサバイヨンソース
七谷鴨(合鴨)胸肉のロティと凝縮した姫人参 アーティチョークのピュレ添え トリュフ香るソース または 黒毛和牛フィレ肉のポワレ ソースペリグー (+4,000円)
赤紫蘇と東城シードルの泡
フロマージュブランのクリームとメロン ハーブの芳香
小菓子
コーヒー


オマール海老と根セロリのドーム ビーツのデグリネゾン
赤ワインで煮込んだ蝦夷鮑とクレソンのクーリ 海藻風味の祇園パセリを纏わせて
七谷鴨(合鴨)胸肉のロティと凝縮した姫人参
※料金は、税金・サービス料を含みます。
※写真はイメージです。 
※ご利用は中学生以上のお客様のみとさせていただきます。
※男性のお客様は、襟付きシャツの着用をお願い申しあげます。
※アレルギー物質につきましてご心配のお客様は、係員にお申し出ください。
※料理法の変更をせずに原材料の産地や品種を変更する場合は、予め係員よりご案内いたします。

============
<シェフ プロフィール>
春田 義彦(はるた よしひこ)
大阪府出身。1993年3月リーガロイヤルホテル(大阪)入社。宴会部門・レストランで研鑽を積み、フランス三ツ星レストランで修業後、宴会調理部門でスーシェフとして腕をふるう。その後、くろよんロイヤルホテルのシェフ、リーガロイヤルホテル(大阪)「レストラン シャンボール」スーシェフを経て、2022年4月リーガロイヤルホテル広島の「レストラン シャンボール」シェフに就任。お客様に喜んでいただける料理作りや日々の努力を惜しまない姿勢、後輩への技能伝承などが高く評価され、2013年11月「なにわの名工若葉賞」を受賞。
【シェフのコメント】
素材からのインスピレーションを大切にしながら、他では体験できない美味しさ・驚き・感動を追求した料理を創っていきたいと考えています。広島県の素晴らしい食材も積極的に取り入れつつ、次世代の調理人を育てながら、彼らとともに新しいことにチャレンジしてまいります。これからの「レストラン シャンボール」にどうぞご期待ください。
シェフ 春田 義彦

============

◆新型コロナウイルス感染症への対策について◆
リーガロイヤルホテル広島では、すべてのお客様の安全と安心を第一に考え、新型コロナウイルス感染症防止対策を徹底しております。詳細は、ホテル公式HPをご覧ください。
https://www.rihga.co.jp/hiroshima/notice-202008


リーガロイヤルホテル広島について

1955年、広島県初のホテルとして開業した新広島ホテルを前身とし、国賓・皇室をはじめ国内外の賓客を迎えてきた格式を誇るホテルです。広島市中心地に位置し、緑に囲まれ、2つの世界遺産(原爆ドーム、宮島)も見渡せる眺望が魅力。歴史に培われたおもてなしで心地よい滞在をお約束します。
プロポーズにふさわしいスポットとして「恋人の聖地」サテライトに選定されています。

<お客様からのお問い合わせ先>
リーガロイヤルホテル広島
TEL:082-502-1121(代表)

HP:http://www.rihga.co.jp/hiroshima
LINEアカウント:https://lin.ee/BN3eFz
Facebook:http://www.facebook.com/rihga.hiroshima
Instagram: http://www.instagram.com/rihgaroyalhotelhiroshima
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ